神楽のお部屋。

タロット占い師「神楽ひかる」のブログでし!
本や食い物や占いまみれなブログです?!
<< シャドウ&ライトオラクルカードの10番・日食の人魚の「神楽ひかる」流の解釈です! | main | 12月19日の運勢ははじめの一歩を踏み出せ! >>
喜多喜久さんの化学探偵Mr.キュリー3の感想です?!
0
    かぐりん(@kagurahikaru)です。
    過去読んできたものはブクログです!

    ・科学探偵と呪いの藁人形
    呪いの藁人形。。。
    懐かしいなぁ。。。
    地獄少女は流行ったころに藁人形をブログで公開したら欲しい!
    と、
    言われて合計で40体くらい作ったっけ?
    あれから依頼がないのは、
    効果がなかったからなのか、
    呪いたい人を呪いつくしたからなのか。。。
    気になるなぁ。。。

    七瀬舞衣は昔ソフトボールのピッチャーだったみたいですね。
    活躍されてたようです。
    で、
    球王杯なる四宮大学のソフトボール大会にでることに!
    つか、
    沖野先生が全く見えないほどの剛速球を投げるみたいですね。。。
    つか、
    柏葉教授が号泣する結果に!
    嬉しいかそんな勝ち方で?!

    藁人形でした!
    こっちはどうでもいい話で。。。
    ドーピングって残念すぎるしなぁ。。。
    残念な人が多くないかこの小説!

    ・科学探偵と真夜中の住人
    ガスマスク男ですよ!
    冬はまだ平気ですが、
    夏は無理。
    すねに布が当たるとアカンみたいで、
    冬も大事を取って短い靴下で済ませえてる僕です。
    これは、
    ガスマスク男こと松尾君の気持ちはわかるわ。
    この話は、
    わりと好きです!
    ちゃんとまとまってて説得力もあるんで!

    ・科学探偵と科学少年の奮闘
    烏丸大輔君はセンセイを救いたい!
    と、
    あの炎の魔術師事件の時の勇太君経由で魔術師のことを聞き、
    訪ねてきたのです小学生である烏丸君が!
    凄い行動力よね。
    で、
    烏丸君が沖野先生を訪ねてきた理由は癌の薬を作りたいってことでした。
    センセイという名の犬の癌を治したいんだそうです!
    で、
    ステキなできる小学生にチカラを貸すことにした沖野先生!
    問題はセンセイの飼い主の能勢先生なんだ!
    これがまた、
    犬と同じで癌なんですよ。
    このややこしさから事件が発生してしまったのです。
    で、
    その犬の癌の薬なんですが、合成は失敗。
    作れませんでしたが、
    沖野先生の計らいで本物の薬の方をGETしていた沖野先生グッジョブ!
    もちろん、
    沖野先生から烏丸君へプレゼントされました!
    そして、
    襲われちゃったんですね、奪われちゃったんですね薬も。
    で、
    襲った犯人は・・・。
    推理した沖野先生が向かった先は!
    残念な事件だなぁ。。。
    醜い!

    ・科学探偵と見えない毒
    氷上一司さんは、
    沖野春彦が昔いた大学の先生。
    沖野さんを連れ戻すためにやってきたみたいですな。
    鍋の事件はどうでもよくて、
    連れ戻しの方が気になってしまうわ!
    と、
    過去のお話。。。
    どこでも似たような話はあるけど、やっぱり残念だなぁ。。。
    なんで、
    こんなに残念な人が多いんでしょう?
    とりあえず、
    四宮大学に居続ける感じでよかったで沖野先生!

    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    化学探偵Mr.キュリー(3) [ 喜多喜久 ]
    価格:691円(税込、送料無料) (2016/12/18時点)


     


    このままいくと、
    やっぱり沖野春彦x七瀬舞衣になりますよね!
    そっちの展開も楽しみにしておりますぞ!



    style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
    data-ad-client="ca-pub-6740692475506135"
    data-ad-slot="2683776200">



    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へにほんブログ村


    読んでくださいましてありがとうございます!
     

    JUGEMテーマ:読書感想文



    | かぐりん | 読書DEATH | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) |










    一番上へ