神楽のお部屋。

タロット占い師「神楽ひかる」のブログでし!
本や食い物や占いまみれなブログです?!
<< めいびいさんの「かつて神だった獣たちへ」の3巻と4巻の感想です?! | main | 12月27日の運勢は神社でカミングアウト! >>
12月26日の運勢は嬉し恥ずかし相談タイム!
0
    かぐりん(@kagurahikaru)です。
    自己満足な今日のお言葉や、
    運勢を占っては垂れ流してるブログの始まりです!

    ・ルノルマンカードGETった!


    ↑トートのタロットは、
    20世紀最高の魔術師アレイスター・クロウリーが作成したタロットです!
    占星術、数秘術、周易、ルーン、錬金術、カバラなどなどが融合してるため、
    真の理解には人の人生一生分を捧げてもできないかもしれないものなのですよ。

    トートのタロットで占うのは12月26日の運勢です!
    で、
    出たカードは、
    カップのプリンス」でしたぁ!
    つまり、
    感情と欲と思考が混ざりますよね?
    その混ざった状態って自分では判断つかないんですよ。。。
    ゆえに、
    客観視するためにも友人や同僚や先輩に上司さんなどに自分を見てもらいましょう。
    つまり、
    誰かに相談すればいいんじゃない?
    もちろん、
    占い師でもいいよ!

    と、
    言うことでし!

    和尚禅タロット【日本語解説書付】

    和尚禅タロット【日本語解説書付】
    価格:2,680円(税込、送料別)


    ↑和尚禅タロットは、
    タロットと呼ばれていますがオラクルカードです。
    ちなみに、
    79枚目のマスターは外してります。。。
    タロットっぽく使ってやりたいのですよ!

    和尚禅タロットで占うのは、
    今を強く楽しく生きるヒントですかね!
    これを、
    重要なポイントとして生きてみてわ?
    と、
    いうことを占ってます!
    で、
    出たカードは、
    虹の6番・COMPROMISE」でした。
    つまり、
    自分を曲げてはいけない。
    それが、
    積りに積もっちゃうと妥協する自分を創りあげてしまう。
    もっと、
    律してくれ自分を!

    と、
    言うことでし!


    シャドウ&ライトオラクルカードで観るものは、
    今「向き合わなければならないもの」ですね。
    マイナスを減らさないと幸福へは近づけません!
    マイナスを悟り克服するためのオラクルです!
    で、
    出たカードは、
    10番・イクリプスマーメイド」でしたぁ!
    つまり、
    きっかけがつかめると!
    つか、
    本日は時間が取れたんで思いっきり自分のために使おうと思ってましたんで、
    何かが起こると自分では思ってます!
    流れに沿って楽しんでみます!

    と、
    言うことでし!
    最近ちょっとづつ理解してきました。
    1枚1枚のカードの個人的解釈も、
    気分でブログに書いておりますが気にしないでください。。。


    シェイプシフターオラクルカードで観るものは、
    今取るべき舵のこと。
    どこへ向かうの?
    どう向かうの?
    今すべきことを把握してみましょうか!
    で、
    出たカードは、
    27番・2匹の子猫」でしたぁ!
    つまり、
    このカード怖いのよね。
    二兎追うものは一兎も得ずなんです!
    間違いなく、
    1つだけ選んでください!
    2つ3つはダメ絶対!
    必ず1つだけに絞って行動しましょう!

    と、
    言うことでし!
    解説書にも書いてある、
    「38番・聖なる昆虫の鎧」のワークや、
    「12番・黄金の不死鳥」
    と、
    「13番・下弦の月の不死鳥」
    を、
    使ったワークもなかなか好調です!

    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へにほんブログ村




    style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
    data-ad-client="ca-pub-6740692475506135"
    data-ad-slot="2683776200">


    読んでくださいましてありがとうございます!


    JUGEMテーマ:占い



    | かぐりん | 今日の運勢予報DEATH | 21:28 | comments(0) | trackbacks(0) |










    一番上へ