神楽のお部屋。

タロット占い師「神楽ひかる」のブログでし!
本や食い物や占いまみれなブログです?!
<< マンガ3冊いぬやしき8巻と本日のバーガー4巻とぽちゃこいの感想です! | main | 1月25日の運勢は断定する意思! >>
にしのあきひろさんの「えんとつ町のプペル」の感想です!?
0
    かぐりん(@kagurahikaru)です。
    過去読んできたものはブクログです!

    【絵本の読み方】
    最近、
    「エドワード・ゴーリー」にはまってまして、よく読んでます!
    そこからなんですが、
    最初は文章と絵を読みます。
    次に、
    絵のみ、
    分のみで進めて、
    最後に文章と絵を同時に読みます。

    マンガは流し読みできますが、
    絵本は、
    しっかり「絵」と「文章」に分けて読む!
    これかぐりんの読み方!

    【絵】
    ごちゃごちゃ雑多な感じ。
    ジャック・オー・ランタン好きやで!
    ぬくもり工房って何を提供してるんだろう?
    スナックやすよにも行ってみたい。
    アントニオのあご!
    アントニオって名前のせいか!?
    レベッカの顔の変化が怖い!
    雲の中を進んでいくところいいね。
    ホシがカラフルすぎるでしょう笑

    【文章というか物語というか中身】
    個人的にハロウィンが好きなんでいい話だ!
    つか、
    配達屋さん荷物落としちゃアカンやろ。
    どっかの黒猫さんみたくなっちゃうよ!
    落とした荷物が心臓で、
    心臓にゴミがくっついてゴミ人間の誕生!
    ちょうど、
    ハロウィンだから仮装してるみたいなんですね。
    でも、
    ハロウィンが終わってもゴミ人間のままですから嫌われるゴミ人間。。。
    そこに、
    ルビッチが友達になるよとゴミ人間に話しかけ、
    つけた名前が「プペル」
    仲良くしてても、
    アントニオのいじめがきっかけで別れちゃうルビッチとプペル。
    その間、
    プペルは昔ルビッチがなくした父ちゃんの写真が入ったペンダントを探してたんだって。
    で、
    プペルがルビッチを誘って船に風船で浮かし、
    煙の向こう側にある空へと飛んでいくの!
    煙だらけで星も見えない町を飛び出して星を始めてみたルビッチに語るプペル。
    おう、
    プペルの正体はルビッチの父ちゃんか!
    良い話しだぁー。

    【背景】
    話題になってるプペルですね。

    個人的に思うのは「絵本は本で」ですね!
    電子書籍(?)で読んでも寂しい。。。
    絵本は本がいい、紙がいい!
    紙の質感を指に感じながら読んでくれ!
    そういうところは妥協しないで作ったらしいから、
    しっかり、
    紙を感じて読んでほしい!

    2000円が高くって買えないなら電子書籍(?)で無料で読めばいい。
    心に残ったら、
    高校生くらいになってバイトして自分で稼いだお金で買って読むと良い。
    小さい頃にできなかったことは、大きくなってからやればいい!

    この本を買ったら帯に17万部突破って書いてあった。
    もう、
    十分売ってるよね。
    さらに伸びてて23万部突破だっけ?
    十分売ってるよね。
    書店で働いてたからわかるけど、
    つか、
    うちの働いてた書店に絵本はなかったけどさ。
    ビジネス書なんて初版5000部とかですよ。
    1万部行かないんですよ。
    17万部もいってれば十分元取れてるよ。
    クリエイターにもちゃんとギャラでてるでしょう!

    もっとどんどん売れて100万部売ってください!
    印税のすべては、
    寄付されるらしいからもっと売れればいい。
    僕も、
    募金の気持で買ったけど、
    ちゃんときれいな絵を見れて、
    ステキな物語を感じれてよかった!
    ただ、
    問題は1つ、ぬくもり工房では何を提供してるの?
    気になる!



    style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
    data-ad-client="ca-pub-6740692475506135"
    data-ad-slot="2683776200">



    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へにほんブログ村


    読んでくださいましてありがとうございます!
     
     

    JUGEMテーマ:読書感想文



    | かぐりん | 読書DEATH | 09:18 | comments(0) | trackbacks(0) |










    一番上へ