神楽のお部屋。

タロット占い師「神楽ひかる」のブログでし!
本や食い物や占いまみれなブログです?!
<< タロットカードのワンドのAを3種類以上のカードを使って説明するブログ?! | main | 1月30日の運勢は当たり前を当たり前にしないこと! >>
ナメック星人とは?大沢あかねの呪いの呪文と悲劇の弟の話らしい(前編)
0
    かぐりん(@kagurahikaru)です。
    過去読んできたものはブクログです!

    最初は気がつかなかったんです。
    新川直司さんだって!

    始めて読んだ新川直司さんのマンガって「冷たい校舎の時は止まる」なんですよ。
    辻村深月さんの原作のやつね。
    「四月は君の嘘」を同じ人が描いてるなんて思ってもみなかった。
    で、
    「四月は君の嘘」がおもしろくって大好きです!
    読むと泣くくせに読みます。

    昔描いてたマンガに「さよならフットボール」ってあったのは知ってましたが、
    サッカーでしょ。
    あまり好きな題材ではないなってことでスルーしてたんですが、
    「四月は君の嘘」が終わって始まったマンガが「さよなら私のクラマー」っていうサッカーマンガ。。。
    また、
    サッカーか。
    と、
    思いつつ1巻を読んでもよくわからない。
    2巻を読んでもよくわからない。
    で、
    本屋さんで偶然にも給料日にみつけたのが「さよならフットボール」の新装版!
    表紙に描かれてるのはこれ、
    「さよなら私のクラマー」の恩田希か?!
    あらすじを読むと、
    恩田希の14歳の時の話ですか。
    つまり、
    「さよなら私のクラマー」の前の話か。
    とりま、
    買ってやるか!
    と、
    期待せずに買って読んだら「さよなら私のクラマー」よりも、
    「さよならフットボール」のほうがおもしろいじゃん!
    と、
    びっくり!
    つか、
    クラマーってなに?
    [商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

    さよならフットボール(1)新装版 [ 新川直司 ]
    価格:463円(税込、送料無料) (2017/1/29時点)


     


    男子中学生のサッカー部に在籍する、
    女子中学生の恩田希は試合にでたい!
    新人戦の1回戦だけでいい、でたい!
    なんでかって、
    講談社のマンガなのに集英社のナメックが新人戦にでるからだ!
    弟も試合にでるらしいから、
    姉としては弟とトイレに隠し自分が弟になりすましてでればいいっていう、
    ありきたりなマンガだ。
    しかも、
    主人公の女子中学生「恩田希」の話しもですが、
    過去のエピソードが満載でややうざったい。
    いるでしょう?
    ワンピースも過去編とか要らないからメインだけ進めてって言う人。
    僕は過去編も楽しみますよ!
    でも、
    この「さよならフットボール」ではややうざったいね過去編が。。。
    と、
    「恩田希」があまりかわいくないんですよぅ。。。
    でも、
    噴水のところは好きよ!

    なんでナメック?
    なんで大沢あかね?
    と、
    それは後編ででるんですが、
    前編では希とナメック、
    それに、
    さわとかテツとかタケとか、
    重要な鮫島先生の魅力を全快にだしてます!
    試合は始まる。
    弟はお腹が痛くってトイレでうなってる間にお姉ちゃんの希が、
    ナメックの前に弟の代わりに立ちはだかって終わる。
    試合結果は2巻目でわかる。
    問題はサッカーがわからん。
    ポゼッションとか、
    シザーズとか、
    クライフとかわからんが、勘で読めばいい!
    それだけ!



    style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
    data-ad-client="ca-pub-6740692475506135"
    data-ad-slot="2683776200">



    にほんブログ村 その他趣味ブログ 占い師へにほんブログ村


    読んでくださいましてありがとうございます!
     
     

    JUGEMテーマ:漫画/アニメ



    | かぐりん | マンガDEATH | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) |










    一番上へ